2009年10月12日月曜日

今読みたい本 OSの作り方~アプリケーションの作り方まで

Vistaで色々とトラブルに見舞われて
最近はタスク・マネージャとかプロセスの一覧(だっけ?)とか見てると
なんでこう、カツカツ知らないとこで動いているんだ...みたいな
最近のOSってなんか重っくるしいっすよね

ついでに最近は学習意欲はあるんだけど良書に巡り会えてなかったので色々と検索。

まずはOSの作り方!

これずっと読みたかった...
無駄の少ないOSとアプリケーションに囲まれて暮らしたい。つまりコンパクトで高速に動作するソフトウェアがほしい。でも機能や便利さも妥協したくはない。http://osask.jp/
まっさらな状態からOSを自分一人で組み上げて、自分で作ったアプリケーション動かして...
プログラム少しかじった人だったら、誰でも一度は夢見るんじゃないでしょうか。
高いけど奮発して買ってみようかな。とレビュー読んでると他にもコレは読んどけ!という本がざくざく出てくる。

で、「はじめて読む486」

CPUアーキテクチャ本でしょうかね。で、「はじめて読む486」で挫折した人には「はじめて読むPentium マシン語入門編」が良いらしいのでこっちから入った方が良いかもだなぁ

そんで、「はじめて読むマシン語」

アセンブラの入門書の一歩手前。って感じの本でしょうか。
関係ないけど、アセンブラやっててWebプログラミングとか興味出てくる人って多いみたいね。
これを一番最初に読むべきかも。

で、色々と本を漁っていくうちに、結局ハード寄りになっていって

やたら評価の高いこの本から読むべきかな...と
萌えキャラと一緒にCPUの仕組みを理解!

Macの漢字Talkとかぐらい軽いOSで画像描画・3D・諸々の映像処理に強いOSってもう出てこないのかなぁ

- amazon google Analytics -